旧き森

 久々に森へ行った。
f0235201_21372836.jpg
 ここはかなり遠いので、今後、行く事はほぼないだろうが……。

 生きている化石と呼ばれる、メタセコイアが群生していて、まるで古生代の森だ。
 しかも里山とは言え、かなり手つかずに近い状態で朽木もそのままだった。

 空気もきれいで静かだった。
 わたしはこの浮世離れした場所で、ファンタジックなひと時を満喫した。

 まるで目に見えない不可思議な生き物達が浮遊しているような夢を見た。

 海と森は繋がっているのだ。きっとどこかで。
[PR]

by suku-ru | 2010-09-26 21:46 | 写真 | Comments(2)

Commented by chip at 2010-09-27 00:14 x
前回は挨拶もせずにコメントつけちゃってすみませんでした!
更新楽しみにしてるのでよろしくですー

綺麗な森ですね
森って全くの手付かずだとなかなか綺麗にはならないんですよね
うちの裏山なんかはほったらかしてるから入るのも難しいという……
Commented by suku-ru at 2010-10-02 15:44
chip君、コメントありがとう。挨拶の件は気にせずに。毎週更新ですまないが楽しみにしてくれるのは嬉しい。ありがとう。

写真の森は偶然、用事で行った場所にあったんだ。森は君の言うように人の手が入らないと綺麗にはならない。里山は森との共存だな。

全くの手つかずの森もそれはそれで面白い場所だとは思うが、人を拒否しているからな。危険だ。