<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アイコン変更

f0235201_2293242.jpg 今日からここと、わたしのやっているtwitterのアイコンを正面向きに変えてみた。

 左から見られるのが好きなんだが、たまには変化を付けないとな。停滞してしまう。

 世界の物事は常に変化しているのだから。
[PR]

by suku-ru | 2010-06-30 22:21 | 画像 | Comments(0)

遠い場所

f0235201_2252775.jpg いつか訪れた街の写真が出てきた。

 この街の古老に聞いた話だが、その昔、この建物は眺望閣(ちょうぼうかく)と呼ばれた当時の高層建築だったと言う。やがてそこが観光地化して、商店街が広がった。

 しかし、その建物は取り壊され、商店街だけが残ったのだそうだ。きっとそのような街の栄枯盛衰はどこの都市でもあるのだろう。

 そんな街と共に、わたし達は変わり続けるのだ。何かを捨て、何かを得て今日も。
[PR]

by suku-ru | 2010-06-29 22:21 | 写真 | Comments(0)

無常の鳥籠

f0235201_21583372.jpg 古い倉庫が鉄パイプで囲われていた。これは詰まる所、取り壊しが確定していると言う事だ。

 破壊と創造が約束された鳥籠。

 しかし壊れたものは二度と元には戻らない。時間は巻き戻らないのだから。何か代わりのものが、同じ機能を持った別のものが、そこに来るだけだ。

 そしてそれをわたし達は受け入れなくてはならない。受け入れなければ、わたし達の記憶も心の時間も静止してしまう。

 時は巻き戻らないのだから。ただ流れ行くのだから。それをすなわち、無常と呼ぶ。
 
[PR]

by suku-ru | 2010-06-28 22:16 | 写真 | Comments(0)

青空の下で

 今日は午後から良い天気になった。高い積乱雲を見ると、しみじみと夏だなと、思う。
f0235201_193358.jpg

 蒸し暑かったが、それでも気分は良かった。少しおしゃれして出掛けた。コスプレではないし、男子にはあまり受けが良くないという噂の格好だが許してくれ。

 
[PR]

by suku-ru | 2010-06-27 22:21 | 画像 | Comments(0)

鞍馬天狗

 今日は初めて能を観劇して来た。
f0235201_2185493.jpg


 演目は『鞍馬天狗』だ。様々な要素が詰まっていて、実に面白かった。エンターティメントの基本が全てここにあるとさえ思えた。歌、舞踊、笑いと切ないドラマ。いや全く、良いものを観た。

 このような本物の伝統芸能に触れてみると色々と刺激を受けるな。まさに温故知新とはこの事だ。今まで知らなかった事を知るのは面白い。きっと、それが学びと言うものなのだろう。

 君もちょっとした事でも、今まで興味を持たなかったものに目を向けると案外楽しいかもしれないぞ。
[PR]

by suku-ru | 2010-06-26 21:27 | 写真 | Comments(0)

水浴び

f0235201_20461711.jpg 今日は曇りで湿気が多く暑かったな。

 そのせいか、駅前の公園にある噴水にヒヨドリがやって来て、水浴びを始めた。

 わたしは鳥のそんな様子を初めて見た。

 すぐ飛び立つかと思ったが、気持ちがいいのか、かなりの間、ばしゃばしゃとやっていた。

 どこか、この公園の樹上に営巣しているのだろうか。

 その様子を見ていると、わたしも少し涼しくなった。
 
[PR]

by suku-ru | 2010-06-25 21:19 | 写真 | Comments(0)

茜と藍の彩り

 今日は梅雨の晴れ間だった。久々に洗濯物をベランダに干せた。

 夕方になってその洗濯物を取り込む時、夕焼けが綺麗だった。
f0235201_21282836.jpg
 暮れ行く茜の空に、たなびく雲と背後から忍び寄る夜の気配。

 この自然の作り出す彩りは、ずっと変わらないものであって欲しいな。
[PR]

by suku-ru | 2010-06-24 21:34 | 写真 | Comments(0)

湿度と電脳

f0235201_2152716.jpg 雨の中、夜の秋葉原に彷徨う。

 どこの通りなのか、辻なのか。

 過去なのか、現在なのか。

 曖昧になって全てが闇に溶け込んでしまいそうな感覚に襲われる。

 しかし、それすら認識があやふやだ。

 ないものがあり、あるものがない街。

 ふらふらと。ただ、ふらふらと。
 
[PR]

by suku-ru | 2010-06-23 21:15 | 写真 | Comments(0)

現世の境界

f0235201_20272874.jpg 森の外れに、とても趣のある鳥居を見た。

 元は朱塗りだったのだろうが、経年劣化ですっかり木肌が露呈しており、もはや塗られた面影はない。
 
 後ろの石段も、急な丘の斜面に歴史と共に積み上がり、その先の異界へ誘うようだ。

 異界と人里。その守るべき境界がここにある。

 それはきっと心にもあるのだろう。他者と自らの境界がある以上、絶対に存在するのだ。
[PR]

by suku-ru | 2010-06-22 20:47 | 写真 | Comments(0)

向日葵

f0235201_23183018.jpg 今日は今にも雨が降りそうだったが大丈夫だった。

 近所で一本だけ咲いていた向日葵を見つけた。
 夏を先取りした気がした。

 早く梅雨が明けて、夏空が広がると良いな。そんな思いを曇天に馳せながら撮った。
[PR]

by suku-ru | 2010-06-21 23:22 | 写真 | Comments(0)