膨らみ

今日は寒いな。
だが、それでも確実に季節の変化、自然の息吹が感じられた。
f0235201_1816775.jpg

近所の公園の桜が桜桃……桜ん坊を膨らませていたんだ。

チェリーというと、昭和では未経験の男性の意味があったようだが、
もっと古くは、美人の唇を例える事もあったようだな。
[PR]

# by suku-ru | 2010-04-14 18:16 | Comments(0)

灯り

“暗いと不平を言うよりも、進んで灯りを点けよう”
という言葉があるが……
f0235201_19133789.jpg

灯りを点けるには勇気がいる。

なぜなら灯りを点けたとたん、
見たくないものが見えてしまうかも知れないからな。
[PR]

# by suku-ru | 2010-04-13 19:25 | 写真 | Comments(0)

昨日は雨だった。

雨の日は少しぼんやりしてしまう。
おかげで昨日はここにアップ出来なかった。
済まない。
f0235201_1485858.jpg

昨日、お米が切れた。仕方ないので雨の中、部屋を出た。

傘に響く雨音を聞くともなしに聞きながら、
わたしは茫洋と商店街のほうへの路地を歩いた。

誰もいなかった。

風も強く、直ぐにストッキングを履いた足に雨水が浸み込んでしまい、
ピンクのパンプスの中までぐっしょりと濡れそぼってしまう。

ふと後ろから自転車が来て、私の傍を静かに通り過ぎて行く。
レインコートの痩せたおじさんだ。
その人もまた、商店街のほうへ向かっているようだった。

その後も商店街に着くまで誰もいなかった。

買い物を済ませて帰る間も雨はずっと降り続いた。
風に煽られ、わたしを濡らした。

冷たい。朦朧とする。
そんな時には必ず、思う。

温めてもらいたい。君に、と。
[PR]

# by suku-ru | 2010-04-13 07:45 | 写真 | Comments(0)

その闇の向こうに。

建物の中の闇に惹かれることは無いか?
f0235201_1637158.jpg

“君が長い間、深淵を覗き込んでいれば、深淵もまた君を覗き込む”……とは、ニーチェの『善悪の彼岸』だったか。
[PR]

# by suku-ru | 2010-04-11 16:37 | 写真 | Comments(2)

穏やかだ。

今日も天気が良く穏やかだな。

しかし土曜だからと言って、いつまでも寝間着でいるのは
少々だらしないな。
f0235201_13302431.jpg
着替えて買い物にでも出掛けるか。
おっと、着替えを覗いてはいけないぞ。
[PR]

# by suku-ru | 2010-04-10 13:32 | 画像 | Comments(0)